大腸癌は内視鏡検査で早期発見

日本人の食生活が欧米化されて来ており、日本人に従来は少なかった大腸癌が増えています。癌は早期発見と早期治療がとても重要な病気です。この早期発見のため、便潜血検査やバリウム検査、内視鏡検査などが行われます。内視鏡検査は他の検査で異常が見つかった場合に、最終診断をするための検査ですから、この検査を受診しておけば他の便潜血検査やバリウム検査は必要ありません。大腸の内視鏡検査は、腸内の物を全て排泄することから始まります。まずは検査の前夜に下剤を飲み排泄を促します。検査当日には、洗腸液という消化管の中のものを洗い流す液体をゆっくりと数時間かけて数リットルもの量を飲みます。すると、洗腸液は消化管の内部を洗い流しながら消化管を通過し、消化管の中の物が排泄されます。排泄物の色が無くなり洗腸液がそのまま排泄されると準備完了となります。

内視鏡検査は肛門から内視鏡を入れます。胃の検査のように口から入れる検査では、異物が喉を通る時に苦しみを感じますが、肛門はこのようなことがありませんので苦しさはありません。そして、直腸から結腸、回腸末端という大腸の内側から病変がないか観察し、画像を記録します。腸には生理的に屈曲した部分があり、そこを通過する時や観察を行う際に腸を広げるために空気を入れます。この時にお腹の張りなどを感じますが、経験豊富な医師が行うものであれば苦痛や痛みといったものを感じることはありません。もしポリープや潰瘍などが発見された場合には、必要により内視鏡先端の器具により切除したり、生体検査用の細胞を採取します。この時に麻酔はしませんが、腸には神経がありませんから痛みを感じることはありませんし、一度の検査で済むことと、検査から治療も出来ることが大きなメリットです。検査にかかる時間は病変が無い場合であれば10分程度と短時間で済む検査です。大腸内視鏡検査は麻酔を必要としませんし、レントゲンやCTスキャナなどのように放射線を使用しないのでリスクの少ない検査ですが、いくつかのリスクがあります。経験が少なく未習熟の医師によるリスクとして、挿入時や屈曲部分の通過がうまく出来なくて腸管を傷つけたり穿孔を開けてしまう恐れがあります。

また器具の消毒が不十分なことが原因で、感染症などを発症するリスクがあります。どちらのリスクについても検査を行う医師や医療機関が十分に認識しており、必要な対策が取られていますので心配する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*